新設・既設地下構造物の接続構造

開放特許情報番号
L2017000426
開放特許情報登録日
2017/3/13
最新更新日
2017/3/13

基本情報

出願番号 特願2015-050479
出願日 2015/3/13
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2016-169549
公開日 2016/9/23
発明の名称 新設・既設地下構造物の接続構造
技術分野 土木・建築
機能 機械・部品の製造
適用製品 新設・既設地下構造物の接続構造
目的 工期が短く、既設躯体の断面力増加が小さく、仮受けのための通路占有が不要なコストダウンを図ることができる、新設・既設地下構造物の接続構造を提供する。
効果 工期が短く、既設躯体の断面力増加が小さく、仮受けのための通路占有が不要なコストダウンを図ることができる、新設・既設地下構造物の接続構造として利用可能である。
技術概要
新設・既設地下構造物の接続構造において、既設地下構造物1と新設・既設地下構造物2との接続部3は水平アンカー4と垂直アンカー5で十字に配置し、新設側縦断梁(逆梁)6で受けて、この新設側縦断梁(逆梁)6で既設地下構造物1を抱き込むようにした。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT