分光計測装置

開放特許情報番号
L2017000403
開放特許情報登録日
2017/3/1
最新更新日
2017/6/26

基本情報

出願番号 特願2012-095961
出願日 2012/4/19
出願人 学校法人慶應義塾
公開番号 特開2013-224826
公開日 2013/10/31
登録番号 特許第6118507号
特許権者 学校法人慶應義塾
発明の名称 分光計測装置
技術分野 情報・通信
機能 検査・検出
適用製品 分光計測装置
目的 スペクトル強度が弱い場合でも、簡素な構成で高感度、高分解能、広い同調波長領域及び高い周波数決定精度を実現できる分光計測装置を提供する。
効果 スペクトル強度が弱い場合でも高感度、高分解能、広い同調波長領域及び高い周波数決定精度で分光計測を行うことができる。
技術概要
第1のレーザー光を生成する第1のレーザー光源30と、第2のレーザー光を生成する第2のレーザー光源31と、第1のレーザー光及び第2のレーザー光が入射されたときに、第1のレーザー光と第2のレーザー光との差周波光を発生させる非線形光学結晶50と、所定周波数の差周波光が入射されたときに、所定周波数の差周波光に共振するように設定された光共振器60と、第1のレーザー光と第2のレーザー光との差周波光が所定周波数と一致するように、第1のレーザー光及び第2のレーザー光の少なくとも一方の安定化に用いられる光周波数コム20と、を有する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人慶應義塾

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT