行動検出システム

開放特許情報番号
L2017000402
開放特許情報登録日
2017/3/1
最新更新日
2017/3/1

基本情報

出願番号 特願2012-116094
出願日 2012/5/21
出願人 学校法人慶應義塾
公開番号 特開2013-242237
公開日 2013/12/5
登録番号 特許第5969818号
特許権者 学校法人慶應義塾
発明の名称 行動検出システム
技術分野 情報・通信
機能 検査・検出
適用製品 行動検出システム
目的 観測領域内に複数のターゲットが存在する場合にもそれぞれのターゲットを区別して位置座標を推定し、各ターゲットを区別してその行動を検出することができる行動検出システムを提供する。
効果 従来と異なり各ターゲットの動きとその位置座標を完全に同期して推定することが可能となった。本発明を用いると、行動識別結果と位置座標推定結果を完全同期させることにより、電波だけを用いて複数の人がいつ・どこで・何をしているのか識別できる。
技術概要
それぞれ互いに異なる周波数の信号を送信し、それらすべての周波数の信号を受信するn(nは3以上の整数)個のセンサと、前記センサが受信した信号から各周波数のドップラー信号を分離するフィルタと、前記フィルタによって分離された各ドップラー信号のうち、同じ複数のパスを通る2つの信号のドップラー信号同士の相関をとる相関手段と、
前記相関手段によって得られる、2個の前記センサから2個以上かつ{C(n,2)+1}/2個以下の各ターゲットまでの距離の和に相当する位相差から、該距離の和を算出する距離和算出手段と、各ターゲットのドップラー信号の時間的特性に基づいて、各前記センサ間で任意のターゲットに関する各前記ドップラー信号を関連付ける関連付け手段と、前記関連付け手段によって関連付けられた各ドップラー信号に基づいて各ターゲットの各前記センサとの相対速度を算出する相対速度算出手段と、前記距離和算出手段によって算出された距離の和及び前記相対速度算出手段によって算出された相対速度に基づいて各ターゲットの位置を推定する位置推定手段とを備えることを特徴とする行動検出システム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人慶應義塾

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT