電気粘着素子及びその製造方法

開放特許情報番号
L2017000401
開放特許情報登録日
2017/3/1
最新更新日
2017/3/1

基本情報

出願番号 特願2012-123607
出願日 2012/5/30
出願人 学校法人慶應義塾
公開番号 特開2013-249348
公開日 2013/12/12
登録番号 特許第6006984号
特許権者 学校法人慶應義塾
発明の名称 電気粘着素子及びその製造方法
技術分野 化学・薬品、機械・加工
機能 材料・素材の製造、機械・部品の製造
適用製品 電気粘着素子及びその製造方法
目的 表面精度が高い安定した機械的な構造を実現して、安定した電気粘着効果を発現することができる電気粘着素子及びその製造方法を提供する。
効果 例えば多重傾斜裏面露光法により製造された三次元微細網目構造体を用いて、安定した表面形状を実現したことにより、ERゲルに比べて広範囲の粘着面積が得られるだけなく、三次元微細網目構造体が骨組の役割を担うため、機械的な強度も向上する。従って、表面精度が高い安定した機械的な構造を実現して、安定した電気粘着効果を簡便な製造方法で実現できる。
技術概要
電極を有する基板と、基板上に規則的に密に配列・固定された、複数の棒状の微細な支柱と、基板上に支柱を埋め込むように充填された、粘弾性を有する高分子物質と、からなり、
前記支柱の基板とは反対側の、無数の突起を有する断面が前記高分子物質の表面に配列され、前記支柱の基板とは反対側の表面が電気粘着力を持つことを特徴とする電気粘着素子。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人慶應義塾

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT