ダイヤモンドマイクロ電極を用いた生体内pH測定装置及び方法

開放特許情報番号
L2017000381
開放特許情報登録日
2017/3/1
最新更新日
2017/3/1

基本情報

出願番号 特願2013-172401
出願日 2013/8/22
出願人 学校法人慶應義塾
公開番号 特開2015-039544
公開日 2015/3/2
発明の名称 ダイヤモンドマイクロ電極を用いた生体内pH測定装置及び方法
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 ダイヤモンド微小電極を用いて生体内pHを測定する装置及び方法
目的 in vitro又はin vivoでのpHのモニタリングが可能なセンサー並びに測定方法を提供する。
効果 生体内pHを低侵襲性の方法でモニタリングすることができる。本発明の装置又は方法を用いると、生体内pHを迅速に測定でき、胃内部のpHを直接、リアルタイムで測定することもできる。その結果、胃癌、胃酸過多や逆流性食道炎等の胃酸に関連する症状を有する患者の診断に役立てることができる。
技術概要
不純物がドープされたダイヤモンドマイクロ電極からなる作用電極、塩化物イオン存在下で酸処理され表面にAg/AgCl層を有する参照電極、及び対電極を備えたpHセンサーにおいて、作用電極と対電極間に一定の電流を印加し、クロノポテンシオメトリーにてpHの測定を行うことにより、in vitro又はin vivoでのpHのモニタリングを行う。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人慶應義塾

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT