工作機械制御装置、工作機械制御方法、及びプログラム

開放特許情報番号
L2017000380
開放特許情報登録日
2017/3/1
最新更新日
2017/3/1

基本情報

出願番号 特願2013-242852
出願日 2013/11/25
出願人 学校法人慶應義塾
公開番号 特開2015-100879
公開日 2015/6/4
発明の名称 工作機械制御装置、工作機械制御方法、及びプログラム
技術分野 機械・加工、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 工作機械制御装置、工作機械制御方法、及びプログラム
目的 新たな外部機器を用いずに、加工中に発生するびびり振動をリアルタイムに抑制すること。
効果 付加的なセンサやピエゾアクチュエータといった新たな外部機器を用いずに、加工中に発生するびびり振動をリアルタイムに抑制することが可能になる。
技術概要
位置制御コントローラ65は、加工手段のワークに対する相対的な位置xresの検出結果を示す検出位置信号に基づいて、加工手段のワークに対する相対的な位置を制御する。切削力推定部61は、モータ21の推力を発生させる電流の指令信号である参照電流Iref及び検出位置信号に基づいてモータ21への外乱を推定し、推定した外乱から摩擦力Ffricを減算することにより、切削力の推定結果を示す切削力推定信号を生成する。力制御コントローラ63は、切削力推定信号に基づいて、切削工具の切削力を制御する。バンドパスフィルタ62及びバンドストップフィルタ64は、位置制御コントローラ65と力制御コントローラ63の夫々の制御対象となる周波数帯域を区分する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人慶應義塾

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT