プログラム及び運転曲線作成装置

開放特許情報番号
L2017000370
開放特許情報登録日
2017/2/28
最新更新日
2017/2/28

基本情報

出願番号 特願2015-103117
出願日 2015/5/20
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2016-215844
公開日 2016/12/22
発明の名称 プログラム及び運転曲線作成装置
技術分野 輸送
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 コンピュータに運転曲線を作成させるためのプログラム等
目的 消費電力量を改善した運転曲線の新たな作成方法を提供する。
効果 鉄道車両として消費電力量を走行に係る各種の消費エネルギー量に置き換えることで、これ以外の車両、例えばエンジンを有するディーゼルカーに適用することが可能である。ディーゼルカーに適用する場合、回生電力量はゼロであり、消費燃料量を消費電力量とすることができる。
技術概要
運転曲線作成装置は、基本運転曲線に含まれる各ブレーキ曲線部分に適用するブレーキノッチの組み合わせのうち、所定の代表条件を満たす組み合わせで構成されるとともに、基本運転曲線におけるブレーキノッチの組み合わせを探索始点とした事前探索木20を用いた事前探索を行う。その後、事前探索によって消費電力量が最小となったブレーキノッチの組み合わせを探索始点とした全体探索木30を用いた全体探索を行い、消費電力量が最小となったブレーキノッチの組み合わせを適用した運転曲線候補を、基本運転曲線に対して消費電力量を改善した運転曲線とする。事前探索木20及び全体探索木30は、エッジで結ばれたノード間のブレーキノッチが1段ずつ増加/減少するように構成され、探索では、親ノードより消費電力量が大きい子ノードの子孫ノードを探索対象から除外する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT