プログラム及び走行抵抗曲線算出装置

開放特許情報番号
L2017000365
開放特許情報登録日
2017/2/28
最新更新日
2017/2/28

基本情報

出願番号 特願2015-111068
出願日 2015/6/1
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2016-223926
公開日 2016/12/28
発明の名称 プログラム及び走行抵抗曲線算出装置
技術分野 情報・通信、輸送
機能 機械・部品の製造
適用製品 走行抵抗曲線算出装置
目的 走行抵抗曲線の算出に当たり、走行抵抗曲線に係る誤差範囲を狭小化することができる新たな走行抵抗曲線の算出手法を提案すること。
効果 走行速度1つ1つに対する走行抵抗のプロット点1つ1つを独立に扱う従来手法とは異なり、先ず各惰行走行についての走行抵抗部分曲線を仮決定することで、各惰行走行におけるバラツキを抑えることができ、ひいては全速度域の走行抵抗曲線に係る誤差範囲を狭小化することができる。
技術概要
走行抵抗曲線算出装置1は、複数回の惰行走行それぞれについて、当該惰行走行によって得られた速度データ310に基づく近似速度式vn(t)を算出して、当該惰行走行に係る速度域における走行抵抗部分曲線10を算出する。そして、惰行走行別の走行抵抗部分曲線10に沿ったプロット点に基づく近似曲線を算出して、全速度域の走行抵抗曲線20を算出する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT