橋梁動的応答解析方法

開放特許情報番号
L2017000353
開放特許情報登録日
2017/2/28
最新更新日
2017/2/28

基本情報

出願番号 特願2015-136080
出願日 2015/7/7
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2017-020796
公開日 2017/1/26
発明の名称 橋梁動的応答解析方法
技術分野 情報・通信、土木・建築
機能 検査・検出
適用製品 鉄道橋の動的応答を簡易に解析する方法
目的 有限要素モデルと比較し、少ない計算量で衝撃係数を求めることが可能な橋梁動的応答解析方法を提供する。
効果 単純梁構造の橋梁の場合、列車のような規則的な軸配置のもとで励起される橋梁応答を微分方程式で表して解析的に解けることを見出し、微分方程式の解を用いることにより、対象橋梁の図面がなくとも測定情報から得られた静的たわみ量や固有振動数等の限られた情報のみで簡易に衝撃係数を算出することが可能になる。また、微分方程式の解を用いることで、有限要素モデルと比較して格段に少ない計算量で衝撃係数を算出することが可能になる。
技術概要
列車が走行する際の橋梁の動的応答を解析する方法であって、橋梁の径間長、固有振動数、モード減衰比、単位長さあたりの質量、前記列車の車両の静止輪重、編成数、車両長、台車間隔、台車内車軸間隔、数値解析の解析時間、時間刻み、列車の最低速度及び最高速度、速度刻みの入力データを入力する初期条件入力工程と、前記入力データと下記の式(1)から変位応答を算出する変位応答算出工程と、前記入力データと下記の式(2)から速度応答を算出する速度応答算出工程と、 速度応答と変位応答の関係から衝撃係数を算出する衝撃係数算出工程とを備えることを特徴とする橋梁動的応答解析方法。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT