ナス科植物における生理障害の抑制方法

開放特許情報番号
L2017000342
開放特許情報登録日
2017/2/22
最新更新日
2017/2/22

基本情報

出願番号 特願2015-132237
出願日 2015/6/30
出願人 国立大学法人 千葉大学
公開番号 特開2017-012081
公開日 2017/1/19
発明の名称 ナス科植物における生理障害の抑制方法
技術分野 食品・バイオ
機能 食品・飲料の製造、材料・素材の製造
適用製品 ナス科植物における生理障害の抑制方法
目的 ナス科植物において生理障害を抑制する方法を提供する。
効果 ナス科植物において生理障害を抑制する方法を提供することができる。
技術概要
本発明の一観点に係るナス科植物における生理障害の抑制方法は、気孔を閉鎖させた状態で接ぎ木を行うことを特徴とする。また本観点において、生理障害は、intumescene、oedema、neoplasms、enations、genetic tumors、non−pathogenic gellsの少なくともいずれかであることが好ましい。また本観点において、気孔を閉鎖させる手段は、暗黒処理、アブシジン酸処理及びラノリン塗布の少なくともいずれかであることが好ましい。また、本発明の他の一観点に係るナス科植物における生理障害の抑制方法は、閉鎖空間内における湿度を70%以下に維持することを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT