調光素子及びそれを含む製品

開放特許情報番号
L2017000332
開放特許情報登録日
2017/2/22
最新更新日
2017/2/22

基本情報

出願番号 特願2016-165588
出願日 2016/8/26
出願人 国立大学法人 千葉大学
公開番号 特開2016-194734
公開日 2016/11/17
発明の名称 調光素子及びそれを含む製品
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、材料・素材の製造
適用製品 調光素子及びそれを含む製品
目的 透過型でも使用が可能であり、高いコントラスト比を可能とする高品質な鏡面状態を有する調光素子及びそれを含む製品を提供する。
効果 本実施形態では、メディエータを有しており、銀よりも低いエネルギーで酸化還元材料が可能となり、繰り返し耐久性が非常に優れたものとなっている。この結果、透過型でも使用が可能であり、高いコントラスト比を可能とする高品質な鏡面状態を有する調光素子及びそれを含む製品を提供することができる。
技術概要
本発明に係わる調光素子は、一対の基板(2,3)と、一対の基板(2,3)の対向する面に形成され、一方がナノオーダーの凹凸のある透明電極(31)である一対の電極(21,31)と、一対の電極(21,31)の間に挟持され、電解質、銀を含むエレクトロクロミック材料及びメディエータを含む電解質層(4)と、を有することを特徴とする。また本発明に係る装置は、上記調光素子を少なくとも一部に含む。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT