導電性材料、導電性セラミックス、導電性ペースト、導電性材料膜、複合酸化物の製造方法、導電性ペーストの製造方法及び導電性材料膜の製造方法

開放特許情報番号
L2017000324
開放特許情報登録日
2017/2/21
最新更新日
2018/7/24

基本情報

出願番号 特願2016-228871
出願日 2016/11/25
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2018-085285
公開日 2018/5/31
発明の名称 導電性材料、導電性セラミックス、導電性ペースト、導電性材料膜、複合酸化物の製造方法、導電性ペーストの製造方法及び導電性材料膜の製造方法
技術分野 電気・電子、化学・薬品、無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 新規な導電性材料、及びそれを用いる導電性セラミックス、導電性ペースト、導電性材料膜
目的 電気抵抗率が小さく、且つ、TCR(抵抗温度係数)特性に優れ、貴金属含有量が少ない導電性材料を提供すること。
効果 本発明によれば、貴金属成分が少ないにも関わらず、電気抵抗率が低く、且つ、TCR特性に優れた導電性材料を提供することができる。
技術概要
本発明の発明者らは、ペロブスカイト型構造を有するCaCu↓3Ru↓4O↓12に所定量の銅の酸化物を混合することにより、電気抵抗率が小さいCaCu↓3Ru↓4O↓12の高い導電性を維持した状態で、貴金属であるRuの使用量を低減し、焼結体の密度を向上させ、また、ペロブスカイト型構造を有するCaCu↓3Ru↓4O↓12のRuサイトの一部を所定量のMnで置換することにより電気抵抗率が小さく、TCR特性に優れたものとすることができることを見出し、本発明を完成させた。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT