アルケン類の酸化方法

開放特許情報番号
L2017000317
開放特許情報登録日
2017/2/21
最新更新日
2018/7/24

基本情報

出願番号 特願2016-217861
出願日 2016/11/8
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2018-076244
公開日 2018/5/17
発明の名称 アルケン類の酸化方法
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 アルケン類の酸化方法
目的 オゾンのような爆発の危険性のある酸化剤や、廃棄物を副生する酸化剤、遷移金属を使用することなく、更に有機溶媒を使用することなく、少ない触媒量で効率的にアルケン類の炭素−炭素二重結合を開裂させる方法を提供する。
効果 本発明により提供されるアルケン類の酸化方法は、入手しやすい酸素を酸化剤として使用し、有機溶媒非存在下、ごく少量の触媒で実施することができる。また、本発明の方法により合成されるアルデヒド、ケトン、およびカルボン酸は医農薬品の中間体や、樹脂の原料として工業的に重要である。したがって、本発明方法は工業的に多大な効果をもたらす発明ということができる。
技術概要
 
フラーレンまたはフラーレン誘導体を触媒とし、酸素を酸化剤としてアルケン類を酸化することを特徴とする、炭素−炭素二重結合の開裂方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT