固定化錯体触媒

開放特許情報番号
L2017000316
開放特許情報登録日
2017/2/21
最新更新日
2018/7/24

基本情報

出願番号 特願2016-217789
出願日 2016/11/8
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2018-075510
公開日 2018/5/17
発明の名称 固定化錯体触媒
技術分野 機械・加工、化学・薬品、有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 固定化錯体触媒
目的 触媒活性を有し、多孔質担体表面に錯体触媒が強固に結合された、固定化錯体触媒を提供する。
固定化錯体触媒の製造方法、二酸化炭素を水素化する方法、水素化反応用装置などを提供する。
効果 触媒活性を有しており、かつ、多孔質担体表面に錯体触媒が強固に結合されている、固定化錯体触媒を提供することができる。また、固定化錯体触媒の製造方法、二酸化炭素を水素化する方法、水素化反応用装置などを提供する。
技術概要
多孔質担体と、酸または塩基によってプロトンを着脱する特性であるプロトン応答性を示す官能基を配位子に有する錯体触媒とが、イオン結合を介して結合されてなる、固定化錯体触媒。このような固定化錯体触媒は、イオン結合可能な表面を備える多孔質担体と、プロトン応答性を示す官能基を配位子に有する錯体触媒とを混合して、多孔質担体と錯体触媒とをイオン結合により結合させることにより、製造する固定化錯体触媒の製造方法。前記イオン結合可能な表面を備える多孔質担体は、前記錯体触媒とイオン結合可能な官能基を有するシランカップリング剤により、多孔質担体を表面処理することにより作製する、固定化錯体の製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT