衝動タービン装置

開放特許情報番号
L2017000311
開放特許情報登録日
2017/2/21
最新更新日
2018/7/24

基本情報

出願番号 特願2016-225869
出願日 2016/11/21
出願人 国立大学法人信州大学
公開番号 特開2018-084147
公開日 2018/5/31
発明の名称 衝動タービン装置
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 衝動タービン装置
目的 上水道のような、高落差、小流量の極低比速度地点における発電等に効率的に利用することができる衝動タービン装置を提供する。
効果 本発明に係る衝動タービン装置は、上水道のような外界への曝露を抑制する必要がある液体のパイプラインに設置することができ、かつ高落差、小流量の極低比速度地点における発電等に効率的に利用することができる。
技術概要
本発明に係る衝動タービン装置は、液体を輸送するパイプラインの中途に、密閉空間を構成するケーシング10を設け、前記ケーシング10内に前記液体の吐出流により回転する羽根車12を設けた衝動タービン装置であって、前記ケーシング10の上流側に流入管14、下流側に流出管16を連結し、前記流入管14と前記流出管16との間をバイパスする補助流路22a、22bと前記ケーシング10に連通する補助流路22cとを設け、前記補助流路22a、22b、22cの間に、前記流入管14から分流された液体の流体圧により負圧を発生させ、前記ケーシング10内に滞留する液体を前記流出管16へ排出する負圧発生手段20を設けたことを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 譲渡についての可・不可はその時の状況によります。

登録者情報

登録者名称 株式会社信州TLO

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT