高圧洗浄ホース用保護具

開放特許情報番号
L2017000308
開放特許情報登録日
2017/2/20
最新更新日
2017/2/20

基本情報

出願番号 特願2016-044952
出願日 2016/3/8
出願人 瀬戸 敏實
登録番号 特許第6008414号
特許権者 瀬戸 敏實
発明の名称 高圧洗浄ホース用保護具
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 高圧洗浄ホース用保護具
目的 高圧洗浄ホースの破損等による周囲の被害を最小限に防止することができるようにした、高圧洗浄ホースの外周に装着する高圧洗浄ホース用保護具を提供する。
効果 作業員等が高圧洗浄ホースを掴む部分の外周に、筒状の保護カバー体を装着して使用するので、保護カバー体を装着させた高圧洗浄ホースの部分に破損等が生じた場合、その破片や漏れ出した水は、保護カバー体の内側(内周面)に当たり、直接、周囲に飛散、あるいは作業員に当たることがない。これにより、作業員や周囲の被害を最小限に抑えることができ、安全性の向上に寄与できる。また、筒状の保護カバー体の内径を、高圧洗浄ホースの外径よりも大きく形成してあるので、高圧洗浄ホースに対する着脱を容易に行うことができ、作業性の向上に寄与できる。
技術概要
高圧洗浄ホースを掴んで高圧水により洗浄作業をすることが可能な柔軟性を有する前記高圧洗浄ホースから、噴射または噴出される前記高圧水を身体に受け障害を受けるのを防止するため、内径が前記高圧洗浄ホースの外径よりも大きく、かつ前記高圧水の水圧に耐え得る耐圧強度の筒状の保護カバー体として、前記高圧洗浄ホースの外周に着脱可能に装着される、高圧洗浄ホース用保護カバー体であって、補強繊維材料とシート状の樹脂材料とより構成され、前記高圧洗浄ホース用保護カバー体は、シームレス状の円筒形に成形した前記補強繊維材料を樹脂射出成形型にセットされ、該樹脂射出成形型内で、前記樹脂材料を射出して成形され、前記補強繊維材料の一面側または両面(表面と裏面)側に前記樹脂材料が設けられ、前記補強繊維材料は、ガラス繊維、金属繊維、ポリプロピレン繊維、ポリエチレン繊維、ポリアリレート繊維の材料より構成され、前記樹脂材料は、ナイロン、ポリエチレン、ポリスチレンの材料より構成されることを特徴とする、高圧洗浄ホース用保護カバー体。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 高圧洗浄ホースを扱う作業員及びその周辺への被災を防止する保護具を提供するものである。

登録者情報

登録者名称 瀬戸 敏實

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT