温度及び酸素濃度測定装置

開放特許情報番号
L2017000301
開放特許情報登録日
2017/2/15
最新更新日
2017/2/15

基本情報

出願番号 特願2014-019213
出願日 2014/2/4
出願人 学校法人慶應義塾
公開番号 特開2015-145852
公開日 2015/8/13
発明の名称 温度及び酸素濃度測定装置
技術分野 情報・通信
機能 検査・検出、機械・部品の製造
適用製品 温度及び酸素濃度測定装置
目的 蛍光体の温度消光特性及び酸素消光特性を用いて、蛍光体に接する気体の温度及び酸素濃度を測定する、温度及び酸素濃度測定装置を提供する。
効果 蛍光体の温度消光特性及び酸素消光特性を用いて、蛍光体に接する気体の温度及び酸素濃度を測定する、温度及び酸素濃度測定装置を提供することができる。
例えば、SOFC(固体酸化物形燃料電池)等の高温型の燃料電池2において所定の高温に維持されているか否かを検出すると共に、燃料電池2で使用される酸素濃度が適切な濃度になっているか否かを、高温型の燃料電池2やその周囲の雰囲気に対して非接触で容易に測定することができる。
技術概要
温度及び酸素濃度測定装置の制御部は、発光強度検出部において検出された第1波長及び第2波長における第1蛍光体3の発光強度に基づき、第1蛍光体3及び第2蛍光体4に接する気体の温度を出力し、発光強度検出部において検出された第3波長における第1蛍光体3の発光強度と発光強度検出部において検出された第4波長における第2蛍光体4の発光強度とに基づき、第1蛍光体3及び第2蛍光体4に接する気体の酸素濃度を出力する制御を行う。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人慶應義塾

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT