中空金属粒子の製造方法と中空金属粒子

開放特許情報番号
L2017000296
開放特許情報登録日
2017/2/15
最新更新日
2017/2/15

基本情報

出願番号 特願2014-139512
出願日 2014/7/7
出願人 学校法人慶應義塾
公開番号 特開2015-172235
公開日 2015/10/1
発明の名称 中空金属粒子の製造方法と中空金属粒子
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 中空金属粒子の製造方法と中空金属粒子
目的 微細気泡を用いた簡便な中空金属粒子の製造方法を提供する。
効果 穏やかな条件下でシンプルな装置を用いた単純な工程により中空金属粒子を製造することができる。金属微粒子を金属イオンと還元剤との還元反応により析出させることにより、金属微粒子分散液が得られるので、金属微粒子を液中に分散させる工程を省くことができる。また、微細気泡中に還元剤を含有させることで、中空金属粒子を効率的に作成することができる。
技術概要
微細気泡分散液中で、金属微粒子2を微細気泡1の表面に吸着させる工程、前記金属微粒子を凝集させて外殻を形成する工程、を有する中空金属粒子3の製造方法。金属微粒子2が、金属イオンと還元剤との還元反応により析出したものであり、数平均粒子径1nm〜200nmであり、前記微細気泡が還元剤を含有する気体からなり、金属微粒子が銀、銅、金のいずれかである中空金属粒子3の製造方法。銀、銅、金のいずれかからなる金属を外殻とし、数平均粒子径が0.1μm〜1000μmである中空金属粒子3。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人慶應義塾

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT