赤外線アレイセンサを用いた行動検知システムと方法

開放特許情報番号
L2017000289
開放特許情報登録日
2017/2/15
最新更新日
2017/2/15

基本情報

出願番号 特願2014-106029
出願日 2014/5/22
出願人 学校法人慶應義塾
公開番号 特開2015-222191
公開日 2015/12/10
発明の名称 赤外線アレイセンサを用いた行動検知システムと方法
技術分野 情報・通信
機能 安全・福祉対策
適用製品 赤外線アレイセンサを用いて人の行動を検知するシステムと方法
目的 簡単な構成、手法で、プライバシーを保護し、精度よく転倒等の人の行動を検知するシステムを提供する。
効果 簡単な構成、手法で、プライバシーを保護しつつ、精度よく転倒等の人の行動を検知することができる。
技術概要
行動検知システム10は、複数の赤外線検出素子が二次元状に配置された赤外線アレイセンサ11と、前記赤外線アレイセンサの出力に基づいて前記赤外線アレイセンサの検出領域内の人の行動を検知する行動検出処理部12とを備え、前記行動検出処理部は、あらかじめ取得された行動パターンとその特徴量とを格納するデータベース123と、前記赤外線アレイセンサの出力から、フレームごとに各画素の時間軸方向の温度分散を算出し、所定値を超える温度分散値の画素を含むフレームがどれだけ連続するかを示すフレーム連続数を第1の特徴量として抽出する特徴量抽出部121と、前記データベースを参照して、前記抽出された第1の特徴量から被検知者の行動を特定する判断部122と、を有する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人慶應義塾

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT