紙基材デバイス及びその製造方法

開放特許情報番号
L2017000281
開放特許情報登録日
2017/2/15
最新更新日
2017/2/15

基本情報

出願番号 特願2014-178063
出願日 2014/9/2
出願人 学校法人慶應義塾
公開番号 特開2016-050912
公開日 2016/4/11
発明の名称 紙基材デバイス及びその製造方法
技術分野 情報・通信、機械・加工
機能 材料・素材の製造
適用製品 紙基材デバイス、製造方法
目的 多量の試料液を必要とすることなく分析や反応を行うことができ、UV照射や加熱、二酸化チタン粒子等を用いることなく簡便に作製することができる新規な紙基材デバイス及びその製造方法を提供すること。
効果 毛管現象を利用する公知の紙基材デバイスを用いる場合に比べて貴重な試料液の必要量を少なくすることができる。
簡便に安価に製造することが可能であり、市販の安価なコピー用紙等を基材として利用すれば製造コストを大きく低減させることができる。
技術概要
基材表面に疎水性のシランカップリング剤をコーティングし、その上に親水性のシランカップリング剤を選択的に重ねてコーティングして流路を形成することにより、紙基材中での毛管現象を利用することなく試料液を迅速に移動させることができ、これにより試料液の必要量を減少させることができ、また、流路はインクジェットプリンタにより容易に描画でき、UV照射、加熱、二酸化チタン粒子などを必要とすることなく簡便にデバイスを作製可能であることを見出し、本発明を完成した。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人慶應義塾

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT