通信装置、復調方法及びプログラム

開放特許情報番号
L2017000277
開放特許情報登録日
2017/2/15
最新更新日
2017/2/15

基本情報

出願番号 特願2015-049558
出願日 2015/3/12
出願人 学校法人慶應義塾
公開番号 特開2016-171436
公開日 2016/9/23
発明の名称 通信装置、復調方法及びプログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 通信装置、復調方法及びプログラム
目的 空間多重化された信号ストリームにおけるシンボルの分離を低演算量の処理でより適切に実現すること。
効果 空間多重化された信号ストリームにおけるシンボルの分離を低演算量の処理でより適切に実現することが可能となる。
技術概要
通信装置60は、距離算出部61と、信号点判定部62とを備える。距離算出部61は、複素平面における信号点候補と受信信号点とのマンハッタン距離と、複素平面における信号点候補と受信信号点との実軸方向の距離と虚軸方向の距離との差とに基づいて、信号点候補と受信信号点との距離を算出する。信号点判定部62は、距離算出部61によって算出された距離に基づいて、受信信号点がいずれの信号点候補に対応するかの判定を行う。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人慶應義塾

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT