コンテンツ配信装置、システム、及び方法

開放特許情報番号
L2017000263
開放特許情報登録日
2017/2/8
最新更新日
2017/2/8

基本情報

出願番号 特願2015-085698
出願日 2015/4/20
出願人 学校法人早稲田大学
公開番号 特開2016-208172
公開日 2016/12/8
発明の名称 コンテンツ配信装置、システム、及び方法
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 検査・検出、制御・ソフトウェア
適用製品 コンテンツ配信装置、システム、及び方法
目的 複数のユーザが同じコンテンツの配信を受ける場合に、そのコンテンツのキャッシュの占有時間を短縮する配信装置、システム及び方法を提供する。
効果 双方のユーザ端末装置の間のコンテンツデータの配信のタイミング差を短縮することができ、複数のユーザが同じコンテンツの配信を受ける場合に、そのコンテンツのキャッシュ部の占有時間を短縮することができる。また、タイミングの差を短縮することで、キャッシュ部の使用量の削減も図ることができる。
技術概要
要求受付部11は、ユーザ端末装置50からコンテンツ取得要求を受信する。コンテンツ配信部12は、コンテンツデータがキャッシュ部13に存在するときは、キャッシュ部13から取得したコンテンツデータを要求元のユーザ端末装置50に送信する。判断部14は、同じコンテンツを先行して送信している他のユーザ端末装置50が存在するか否かを判断する。コンテンツ配信部12は、判断部14において存在すると判断されると、先行して送信しているユーザ端末装置50におけるコンテンツデータの再生速度を遅くすること、及び、後からコンテンツ取得要求を送信したユーザ端末装置50におけるコンテンツデータの再生速度を速めることの少なくとも一方を実施する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 本件は「早稲田大学技術シーズ集(問合No.1610)」に掲載されている案件です。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT