地域集中探索型天敵の作出方法

開放特許情報番号
L2017000239
開放特許情報登録日
2017/2/3
最新更新日
2017/2/3

基本情報

出願番号 特願2013-086058
出願日 2013/4/16
出願人 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
公開番号 特開2014-207872
公開日 2014/11/6
発明の名称 地域集中探索型天敵の作出方法
技術分野 食品・バイオ
機能 検査・検出
適用製品 農業害虫に対する生物的防除
目的 コストや労力の増加を伴うことなく、放飼後の天敵の初期定着率を高める方法を提供する。
効果 本発明の地域集中探索型天敵製剤によれば、コストや労力の増加を伴うことなく、放飼後の天敵の定着率の高い生物的防除用天敵を提供することができる。
技術概要
生物的防除用天敵としての昆虫綱又はクモ綱に属する個体群からなる母集団において、一定時間あたりの歩行及び/又は飛翔活動量が低い下位35%の個体を抽出することで定着性の高い地域集中探索型天敵を選抜する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT