抗生物質産生関連遺伝子のスクリーニング方法

開放特許情報番号
L2017000232
開放特許情報登録日
2017/2/3
最新更新日
2017/2/3

基本情報

出願番号 特願2014-042420
出願日 2014/3/5
出願人 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
公開番号 特開2015-167482
公開日 2015/9/28
発明の名称 抗生物質産生関連遺伝子のスクリーニング方法
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 抗生物質産生関連遺伝子のスクリーニング方法
目的 培養が困難な土壌微生物などが産生する抗生物質の探索を可能にする、抗生物質産生関連遺伝子のスクリーニング方法を提供すること。
効果 培養が困難な土壌微生物などが産生する抗生物質の探索を可能にする、抗生物質産生関連遺伝子のスクリーニング方法を提供することができる点において産業上の利用可能性を有する。
技術概要
微生物が生息する環境試料に、微生物による抗生物質の産生を活性化させる物質を添加した後、環境試料からRNAを抽出し、抽出されたRNAに含まれる抗生物質産生関連遺伝子由来のmRNAをメタトランスクリプトーム解析によって選抜する工程を含む。本発明によれば、培養が困難な微生物の他、これまでに知られていない微生物が産生する抗生物質の探索も可能である。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT