キャリアドーピング法および導電体

開放特許情報番号
L2017000217
開放特許情報登録日
2017/2/2
最新更新日
2017/2/2

基本情報

出願番号 特願2015-095554
出願日 2015/5/8
出願人 国立大学法人広島大学
公開番号 特開2016-210726
公開日 2016/12/15
発明の名称 キャリアドーピング法および導電体
技術分野 有機材料、電気・電子
機能 材料・素材の製造
適用製品 クラウンエーテルを用いたキャリアドーピング方法および導電体
目的 キャリアドープ前のイオン伝導性結晶の構造を維持した状態で、キャリアドープ後の導電体の電気伝導性を向上することができるキャリアドーピング法および導電体を提供すること。
効果 安価かつ簡単な方法により、キャリアドープ後のイオン伝導性結晶における電気伝導性を向上させることが可能になる。
技術概要
本発明のキャリアドーピング法は、リチウムイオンを包接したクラウンエーテルとジチオレート金属錯体とがイオン結合することにより形成されたイオン伝導性結晶を、リチウムイオン以外の酸化還元性を有する金属イオンが溶解した溶液に浸漬させることにより、イオン伝導性結晶におけるリチウムイオンを金属イオンと交換し、イオン伝導性結晶にキャリアである電子または正孔をドープすることを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT