水素製造方法、水素製造装置及び電池

開放特許情報番号
L2017000203
開放特許情報登録日
2017/2/2
最新更新日
2017/2/2

基本情報

出願番号 特願2014-261394
出願日 2014/12/24
出願人 国立大学法人広島大学
公開番号 特開2016-121036
公開日 2016/7/7
発明の名称 水素製造方法、水素製造装置及び電池
技術分野 化学・薬品、無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 水素製造方法、水素製造装置及び電池
目的 低エネルギーで水素を製造可能な水素製造方法を提供する。
効果 標準生成エンタルピーΔH↑0が−10〜−200kJ/molと小さいことから、容易にアルカリ金属を生成/蒸発させることができる。そして、熱エネルギーによって、電気化学的酸化還元工程における放電後に生成される融合体を熱化学還元工程で再生して、電気化学的酸化還元工程の負極及び正極に再利用し、放電させて水素を発生させることができるので、外部からの電気エネルギーを必要とせず、水の供給及び太陽エネルギー等の再生可能エネルギーの利用により、繰り返し水素を発生させることも可能である。
技術概要
水素製造方法は、負極にアルカリ金属を用い、正極にカーボン又はアルカリ金属よりイオン化傾向の小さい金属を用いた電池反応により、アルカリ金属から電子を放出させるとともにアルカリ金属とカーボン又は金属との融合体を生成させる電気化学的酸化還元工程と、電気化学的酸化還元工程で放出された電子を利用して水を電気分解して水素を発生させる水素発生工程と、融合体を加熱して、アルカリ金属とカーボン又は金属に還元する熱化学還元工程と、を備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT