口臭抑制剤及び口腔用組成物

開放特許情報番号
L2017000201
開放特許情報登録日
2017/2/2
最新更新日
2017/2/2

基本情報

出願番号 特願2014-218878
出願日 2014/10/28
出願人 国立大学法人広島大学
公開番号 特開2016-084311
公開日 2016/5/19
発明の名称 口臭抑制剤及び口腔用組成物
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 口臭抑制剤及び口腔用組成物
目的 口臭の成分であるメチルメルカプタンの産生を抑え得る口臭抑制剤及び口腔用組成物を提供する。
効果 口臭抑制剤は、メチオニンを分解してメチルメルカプタンを産生する酵素をコードするP.gingivalisのmgl mRNAの発現を抑制する。メチルメルカプタンの産生が抑制されることになるため、口臭の改善が可能となり、種々の形態の口腔用組成物として利用可能である。
技術概要
口臭予防組成物は、コウボク及び五倍子から選択される1種以上を含有する。コウボク、五倍子は、メチオニンを分解してメチルメルカプタンを産生する酵素をコードするPorphyromonas gingivalisのmgl mRNAの発現を抑制する。メチルメルカプタンの産生が抑制されることになるため、口臭を改善することができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT