燃料油および機能性油を産生する微細藻類

開放特許情報番号
L2017000192
開放特許情報登録日
2017/2/1
最新更新日
2017/2/1

基本情報

出願番号 特願2015-096858
出願日 2015/5/11
出願人 国立大学法人富山大学
公開番号 特開2015-231363
公開日 2015/12/24
発明の名称 燃料油および機能性油を産生する微細藻類
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 微細藻類
目的 バイオ燃料、機能性油、機能性(健康)食品、養殖用餌料など製造に有用な新規微細藻類の提供。
効果 本発明の4種の微細藻類は、バイオ燃料として有用な燃料油および機能性油として有用な各種の高級脂肪酸を産生する。本発明の微細藻類を用いることにより、燃料油および機能性油を同時にかつ、容易に製造することができる。
技術概要
リノレン酸などの機能性油を含有し、乾燥重量の18%以上の燃料油を産生することを特徴とする(a)〜(d)のいずれかの微細藻類。(a)クラミドモナスsp.TA−1(b)ナノフラストゥラムsp.TA−2(c)テトラセルミスsp.TA−3(d)クロレラsp.TA−4
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT