ホモアリルアルコール誘導体の製造方法

開放特許情報番号
L2017000184
開放特許情報登録日
2017/2/1
最新更新日
2017/12/25

基本情報

出願番号 特願2016-074757
出願日 2016/4/1
出願人 国立大学法人富山大学
公開番号 特開2017-186261
公開日 2017/10/12
発明の名称 ホモアリルアルコール誘導体の製造方法
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 ホモアリルアルコール誘導体の製造方法
目的 レアメタル触媒を使用することなく温和な条件で、一段階の反応でジアステレオ選択的に三置換オレフィンを有するホモアリルアルコール誘導体の製造方法を提供する。
効果 本発明によれば、高収率で、かつ高立体選択的にホモアリルアルコール誘導体を製造することができる方法を提供できる。
本発明は、遷移金属触媒を用いることなく生成物を効率的に製造することができ、副生物が少なく生成物の分離が容易なだけでなく、水性溶媒中で行うことができるため、有機溶媒による環境等への問題も少なく、工業的にも優れた方法を提供するものである。
技術概要
 
水と有機溶媒との混合溶媒中、酸素存在下で、スタニル基を有するプロパルギル化合物と、カルボニル化合物とホウ素化合物とをラジカル反応により反応させて、立体選択的に三置換オレフィンを有するホモアリルアルコール誘導体を得ることを特徴とするホモアリルアルコール誘導体の製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT