足首関節運動装置

開放特許情報番号
L2017000176
開放特許情報登録日
2017/2/1
最新更新日
2017/2/1

基本情報

出願番号 特願2014-113095
出願日 2014/5/30
出願人 国立大学法人富山大学
公開番号 特開2015-226609
公開日 2015/12/17
発明の名称 足首関節運動装置
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 機械・部品の製造
適用製品 足首関節運動装置
目的 装置の構造を特別強固にすることなく、良好な足首の屈伸運動を安定的に行うことができるシンプルな構造の足首関節運動装置を提供する。
効果 本発明の足首関節運動装置は、使用者の下腿や足先を締め付けて固定する必要がなく、下腿が足支持部で支持されたときに踵の上下動も自由なことから、足が圧迫されず、理学療法士の施術に近い感覚で心地よい持続受動運動を行うことができる。しかも、基台部が浮き上がったり傾いたりしない。適切な足首の屈伸運動を安定に継続することができる。構造を特別強固にする必要がなくなり、これらをシンプルな構造にして装置の軽量化やコストダウンを図ることができる。
技術概要
保持部12aから離れて配置される基台部14と、基台部14上面に取り付けられ、下腿のアキレス腱部分を支持する足支持部16を備える。足裏の指先側の部分が当接する足裏支持面18を有する揺動部材20を備える。長手方向の一端部に、保持部12aに係止させるための係止部34を有し、他端部側に、揺動部材20を回動可能に支持する第一の揺動軸36を有し、係止部34と第一の揺動軸36の間の、第一の揺動軸36に近い位置に第二の揺動軸38を有する連結部材32を備える。基台部14上面に連結部材支持部40が立設され、連結部材32を第二の揺動軸38で回動自在に軸止する。揺動部材20を往復揺動させる駆動装置を備える。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT