車両用録画装置

開放特許情報番号
L2017000152
開放特許情報登録日
2017/1/27
最新更新日
2017/1/27

基本情報

出願番号 特願2015-005574
出願日 2009/10/26
出願人 株式会社ユピテル
公開番号 特開2015-135677
公開日 2015/7/27
登録番号 特許第6002887号
特許権者 株式会社ユピテル
発明の名称 車両用録画装置
技術分野 情報・通信、輸送、電気・電子
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 車両用録画装置
目的 電源をON及びまたは前記録画手段の一部の機能(回路)が作動する待機状態にするようにし消費電力を抑えつつ、条件を具備することですぐに録画を開始できる状態のときに、録画条件を満たした場合、前記録画手段は、前記記録手段への録画を開始する。
効果 消費電力を抑えつつ、必要な情報は、その状態が発生後速やかに記録することができる。
技術概要
車載用の防犯カメラの機能を備えた録画装置であって、前記防犯カメラ機能による記録手段への録画が直ぐに開始できるアクティブ状態にする機能を備え、電気自動車に搭載可能であり、下記(a)〜(c)の少なくとも1つを備えることを特徴とする録画装置。
(a)車両駆動用バッテリの充電開始を検知した場合、前記アクティブ状態にすること
(b)車両駆動用バッテリの残容量が基準以上の場合、前記アクティブ状態にすること
(c)車両駆動用バッテリの取り外しに向けた状況を検知した場合、前記アクティブ状態にすること
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社ユピテル

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT