フォトニック結晶レーザ

開放特許情報番号
L2017000138
開放特許情報登録日
2017/1/25
最新更新日
2017/1/26

基本情報

出願番号 特願2012-503170
出願日 2011/3/1
出願人 国立大学法人京都大学
公開番号 WO2011/108510
公開日 2011/9/9
登録番号 特許第5709178号
特許権者 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 フォトニック結晶レーザ
技術分野 電気・電子
機能 材料・素材の製造
適用製品 蛍光顕微鏡やラマン分光測定装置等における光源に好適に用いることができるフォトニック結晶レーザ
目的 従来よりも幅の狭い径偏光リング状レーザビームを得ることができるフォトニック結晶レーザを提供すること。
効果 断面がリング状であってそのリングの径方向に偏光した径偏光リング状レーザビームを発振するフォトニック結晶レーザを得ることができる。従来のフォトニック結晶レーザよりも幅の狭い径偏光リング状レーザビームを得ることができる。フォトニック結晶レーザは、それにより得られるレーザビームを集光するレンズと組み合わせることにより、スポット径が小さく、且つz偏光を有する光を、光源として用いることができる。このような光源は蛍光顕微鏡やラマン分光測定装置等の測定装置に好適に用いることができる。
技術概要
a) 活性層と、
b) 前記活性層の一方の側に設けられた板状の母材内に、同一形状であって前記母材とは屈折率が異なる多数の異屈折率領域がリング状に、該リングの周方向に周期的に並び、各異屈折率領域が、該異屈折率領域の中心を通って該リングの径方向に延びる軸に関して非対称な形状を有するリング状フォトニック結晶と、
c) 前記活性層及び前記リング状フォトニック結晶を挟むように設けられた第1電極及び第2電極と、
d) 前記第2電極に設けられた、前記リング状フォトニック結晶で生成されるレーザ光を透過可能な窓と、
を備えることを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

登録者名称 国立研究開発法人科学技術振興機構

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT