2次元フォトニック結晶及びそれを用いた光デバイス

開放特許情報番号
L2017000137
開放特許情報登録日
2017/1/25
最新更新日
2017/1/26

基本情報

出願番号 特願2004-378706
出願日 2004/12/28
出願人 国立大学法人京都大学
公開番号 特開2006-184617
公開日 2006/7/13
登録番号 特許第4923234号
特許権者 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 2次元フォトニック結晶及びそれを用いた光デバイス
技術分野 情報・通信
機能 材料・素材の製造
適用製品 2次元フォトニック結晶
目的 TE偏波とTM偏波の双方に対する条件を容易に満たすことができる2次元フォトニック結晶を提供する。
効果 本発明では第1領域と第2領域のパラメータを独立に設定することができるため、共通エネルギー領域を容易に且つ従来よりも広く形成することができる。
技術概要
本体20に、第1領域21には円形の空孔23を三角格子状に、第2領域22には正三角形の空孔24を三角格子状に、それぞれ配置する。これにより、第1領域21にはTE偏波に対するフォトニックバンドギャップ(PBG)であるTE-PBGが、第2領域22にはTM偏波に対するPBGであるTM-PBGが、それぞれ形成される。第1領域21と第2領域22では空孔の周期や大きさ等のパラメータを独立に設定することができるため、TE-PBGとTM-PBGに共通するエネルギー領域(完全PBG)を大きく、且つ容易に形成することができる。この完全PBG内のエネルギーに対応する導波路25や共振器26、27等を形成することにより、偏波分合波器や、偏波に依存しない周波数(波長)分合波器などを形成することができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

登録者名称 国立研究開発法人科学技術振興機構

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT