光切断性蛍光標識プローブ

開放特許情報番号
L2017000127
開放特許情報登録日
2017/1/24
最新更新日
2017/5/1

基本情報

出願番号 特願2015-167367
出願日 2015/8/27
出願人 国立大学法人富山大学
公開番号 特開2017-043562
公開日 2017/3/2
発明の名称 光切断性蛍光標識プローブ
技術分野 有機材料、情報・通信
機能 検査・検出
適用製品 光切断性蛍光標識化合物および標識プローブ
目的 従来法に比べて簡便化、単純化ができる、タンパク質の構造解析に有用な光切断性蛍光標識プローブの提供。
効果 従来法では極めて煩雑で困難だった操作過程、つまり極微量ラベルペプチドの精製や質量分析による配列解析において、操作を単純化することで損失を抑え、必ずしも高純度にしなくても極微量ラベルペプチドの高感度特定を可能にすることで大幅な時間短縮ができる。さらに、標的タンパク質ラベルまでの全ての操作は光照射のみで達成され、特別な濃縮操作を必要としないこと、特定のための対照実験を必要としないことなど、従来法に比べて著しい簡便化、単純化が達成できる。
技術概要
式(1)で表されるクマリン型ジアジリン化合物。

[RはH、D、低級アルコキシ基又は低級アルコキシ基の同位体;AはO、オキシカルボニル、チオキシカルボニル、オキシスルホニル又はアミノカルボニル;Bはリガンド]
イメージ図
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT