末梢神経障害誘発感覚異常の改善剤

開放特許情報番号
L2017000126
開放特許情報登録日
2017/1/24
最新更新日
2017/1/24

基本情報

出願番号 特願2015-075668
出願日 2015/4/2
出願人 国立大学法人富山大学
公開番号 特開2016-196412
公開日 2016/11/24
発明の名称 末梢神経障害誘発感覚異常の改善剤
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 薬物により誘発される末梢神経障害性の感覚異常を改善剤
目的 末梢神経障害による感覚異常の改善に有用な外用剤を提供する。
効果 アウクビン、アウクビンのアナログまたはそれらのアグリコンは、タキサン系抗がん剤などの末梢神経傷害から生じる感覚異常を改善することができる。
技術概要
アウクビン、アウクビンのアナログまたはそれらのアグリコンから選ばれる一つ以上の化合物を有効成分とする末梢神経障害で誘発される感覚異常改善剤。
化合物が、アウクビンまたはそのアグリコンである請求項1に記載の末梢神経障害で誘発される感覚異常改善剤。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT