サイトメガロウイルスの薬剤耐性変異の検出方法および薬剤耐性変異遺伝子の同定方法

開放特許情報番号
L2017000115
開放特許情報登録日
2017/1/24
最新更新日
2017/1/24

基本情報

出願番号 特願2014-525878
出願日 2013/7/19
出願人 国立大学法人富山大学
公開番号 WO2014/014077
公開日 2014/1/23
発明の名称 サイトメガロウイルスの薬剤耐性変異の検出方法および薬剤耐性変異遺伝子の同定方法
技術分野 食品・バイオ
機能 検査・検出
適用製品 サイトメガロウイルスの薬剤耐性変異の迅速な検出方法およびサイトメガロウイルスの薬剤耐性変異遺伝子の同定方法
目的 薬剤耐性サイトメガロウィルスを検出するために、UL97遺伝子および/またはUL54遺伝子の変異を迅速に検出するために使用する新規なプラーマーセットを提供する。
効果 UL97遺伝子の薬剤耐性に関わる変異が報告されている後半の領域と、UL54遺伝子領域の92%以上に相当する領域の解析を可能とした。
これにより、サイトメガロウイルス全ての薬剤耐性変異株を検出することができる。
技術概要
新規なプライマーセットは、UL97遺伝子の薬剤耐性に関わる変異が報告されている後半の領域と、UL54遺伝子領域の92%以上に相当する領域の解析を可能とした。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT