有機太陽電池用色素として有用な分子内ドナーアクセプター型分子

開放特許情報番号
L2017000102
開放特許情報登録日
2017/1/20
最新更新日
2017/1/20

基本情報

出願番号 特願2012-059072
出願日 2012/3/15
出願人 国立大学法人埼玉大学
公開番号 特開2013-193957
公開日 2013/9/30
登録番号 特許第5860313号
特許権者 国立大学法人埼玉大学
発明の名称 有機太陽電池用色素として有用な分子内ドナーアクセプター型分子
技術分野 有機材料、電気・電子
機能 材料・素材の製造
適用製品 有機太陽電池用色素として有用な新規な分子内ドナーアクセプター型分子
目的 ルテニウム錯体代わり得る有機太陽電池用色素として有用なフラーレンを機能化した新たな化合物の提供と、この化合物を用いた太陽電池及び光電荷分離素子を提供する。
効果 一般式(A)で表される新規化合物を効率よく合成する条件を明らかにするとともに、合成した化合物の一部が蛍光を発する化合物であることを明らかにした。
技術概要
下記一般式(A)で示される化合物。

一般式(A)中、Mはニッケル、亜鉛またはH↓2であり、RはHまたは炭素数1〜6のアルキル基である。フラーレン基はC60のフラーレンを示す。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT