水溶性ポルフィリン誘導体とそれらの製造方法

開放特許情報番号
L2017000093
開放特許情報登録日
2017/1/20
最新更新日
2017/1/20

基本情報

出願番号 特願2014-009210
出願日 2014/1/22
出願人 国立大学法人埼玉大学
公開番号 特開2015-137303
公開日 2015/7/30
発明の名称 水溶性ポルフィリン誘導体とそれらの製造方法
技術分野 有機材料、食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 水溶性ポルフィリン誘導体、及びその製造方法
目的 疾患の診断や治療に使用する水溶性の向上したポルフィリン誘導体とその製造方法の提供。
効果 糖を含む高分子型のポルフィリン誘導体であることから、水溶性及び生体適合性の向上したポルフィリン誘導体を提供することができる。この結果、副作用を軽減した腫瘍組織の破壊等が可能となる。ラジカル重合による一段階反応による水溶性高分子型ポルフィリン誘導体の合成方法を提供する。従って、コスト及び合成までの時間及び労力を軽減した水溶性ポルフィリン誘導体の合成が可能となる。
技術概要
ポリフィリンを含有するモノマー、糖又はグリコシドを含有するモノマー及びポリフィリン・糖共に含有しないモノマーとの共重合により得られる糖−ポルフィリン誘導体含有ポリマー、若しくはその薬学上許容される塩又はそれらの水和物。上記三種のラジカル反応性基を有するモノマーをラジカル重合を行うことにより糖−ポルフィリンを含有するポリマーを製造する方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT