RFIDタグおよびRFIDタグの製造方法

開放特許情報番号
L2017000082
開放特許情報登録日
2017/1/19
最新更新日
2017/1/19

基本情報

出願番号 特願2007-142221
出願日 2007/5/29
出願人 富士通株式会社、富士通フロンテック株式会社
公開番号 特開2008-299421
公開日 2008/12/11
登録番号 特許第5037224号
特許権者 富士通フロンテック株式会社
発明の名称 RFIDタグおよびRFIDタグの製造方法
技術分野 情報・通信、機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 非接触で外部機器と情報のやり取りを行なうRFIDタグおよびその製造方法
目的 印刷安定性が図られたRFIDタグ、および安定した印刷が施されたRFIDタグを少ない工程数で製造するRFIDタグの製造方法を提供する。
効果 印刷の安定性が保たれ、また、それを製造するにあたり少ない工程数で製造することができる。
技術概要
通信用のアンテナと、該アンテナに電気的に接続され該アンテナを介して無線通信を行なう回路チップとが板状の封止体内に封入されてなるタグ本体と、 印刷によりタグ本体の第一面に形成された印刷層と、上記第一面上をその第一面の周縁に沿って一周する周縁領域に取り囲まれた中央領域にのみ形成され、上記保護膜が、印刷層を覆う被覆部を有するとともに、印刷層をはみ出して広がり印刷層を一周に渡って取り巻いて上記第一面に密着した密着部を有することを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2017 INPIT