植え穴形成装置

開放特許情報番号
L2017000077
開放特許情報登録日
2017/1/18
最新更新日
2017/1/18

基本情報

出願番号 特願2014-197139
出願日 2014/9/26
出願人 学校法人明治大学
公開番号 特開2016-067220
公開日 2016/5/9
発明の名称 植え穴形成装置
技術分野 食品・バイオ
機能 機械・部品の製造、食品・飲料の製造
適用製品 植え穴を形成する装置
目的 小さな力と軽微な労力かつ楽な姿勢で畝に対する苗の植え込み作業ができる植付体の植え穴形成装置の提供。
効果 ハンドル部を操作して先頭部と首部と押込部を畝に押し込み、苗の定植用の植え穴を形成できる。また、形成した植え穴の開口部はロート型の植え穴より狭く、気温の低い時期であっても土壌の地温を利用して植え穴の底部に形成した収容穴の苗の温度を外気温より高い温度に維持することができる。
また、ハンドル部を操作して先頭部と首部と押込部を畝の表面に押し込む操作を行うのみで収容穴と下部穴と上部穴からなる植え穴を形成できるので、操作が容易で、植え穴形成作業の省力化に寄与する。
技術概要
本発明は、苗を床土部に植えた植付体を保温フィルムを敷設した畝に植え付けるための植え穴を形成する植え穴形成装置であって、後端側にハンドル部を備えた支柱部と、該支柱部よりも先端側に位置する柱状の押込部と、該押込部の先端側に形成された先窄まり状の首部と、該首部の先端に延出形成されて前記押し込み部よりも小さい外径を有する先頭部を備えたことを特徴とする。
実施実績 【有】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 明治大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT