難吸水性種子検出法ならびに難吸水性の解消法

開放特許情報番号
L2017000043
開放特許情報登録日
2017/1/12
最新更新日
2017/1/13

基本情報

出願番号 特願2014-040265
出願日 2014/3/3
出願人 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
公開番号 特開2015-164407
公開日 2015/9/17
発明の名称 難吸水性種子検出法ならびに難吸水性の解消法
技術分野 食品・バイオ、情報・通信
機能 検査・検出
適用製品 難吸水性種子検出法、及び難吸水性を解消する方法
目的 種子の品質を変えずに実現可能な難吸水性種子の検出手段及び難吸水性解消手段を提供する。
効果 難吸水性種子の検出法は、種子を傷つけることなく、また、電子顕微鏡のような高価な機器を使用せずに、高い精度で難吸水性種子を検出することができる。難吸水性の解消法は、種子の品質を低下させることなく、また、高圧処理装置のような高価な機器を使用せずに、種子の難吸水性を解消することができる。
技術概要
分子状態の水又は霧状の水を、難吸水性種子を含む種子群に供給する処理をし、難吸水性種子と正常種子との間に水分含量の差異を生じさせる工程、及び前記種子群に含まれる個々の種子7について、水分含量の差異に連動する特性を測定又は解析し、その測定又は解析結果に基づき難吸水性種子を特定する工程を含むことを特徴とする難吸水性種子の検出法、並びに分子状態の水又は霧状の水を難吸水性種子に供給する工程を含むことを特徴とする種子の難吸水性解消法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT