症状判別装置

開放特許情報番号
L2017000023
開放特許情報登録日
2017/1/6
最新更新日
2017/1/6

基本情報

出願番号 特願2013-248816
出願日 2013/12/2
出願人 公立大学法人首都大学東京
公開番号 特開2015-104596
公開日 2015/6/8
発明の名称 症状判別装置
技術分野 食品・バイオ、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 症状判別装置
目的 有病者を健康体と誤判定することを低減し、有病者の検出精度を向上させること。
効果 有病者を健康体と誤判定することを低減し、有病者の検出精度を向上させることができる。
年齢および性別を考慮しない場合に比べて、有病者の検出精度を向上させることができる。
環境を考慮しない場合に比べて、有病者の検出精度を向上させることができる。
技術概要
被験者の体温を測定する体温測定手段(C1A)と、前記被験者の心拍数を測定する心拍数測定手段(C1B)と、前記被験者の呼吸数を測定する呼吸数測定手段(C1C)と、測定された体温、心拍数および呼吸数に基づいて、自己組織化マップを作成するマップ作成手段(C7)と、作成された前記自己組織化マップに基づいて、被験者を、正常、軽症および重症の3分類のいずれかに、k−means法を使用して分類する分類手段(C8)と、を備えたことを特徴とする症状判別装置(S)。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT