成形体の製造方法及び成形体の製造装置

開放特許情報番号
L2017000012
開放特許情報登録日
2017/1/6
最新更新日
2017/1/6

基本情報

出願番号 特願2014-214838
出願日 2014/10/21
出願人 公立大学法人首都大学東京
公開番号 特開2016-078101
公開日 2016/5/16
発明の名称 成形体の製造方法及び成形体の製造装置
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 筒状成形体などの成形体を製造する製造方法及び製造装置
目的 筒状体であってその径に対して10倍以上の長さを有するシームレスな筒状体を簡易且つ簡便に製造する技術製造装置及び製造方法を提供すること。
効果 本発明の製造方法によれば、これまで達成できなかった極めて細長い超深絞り形状の成形体を創成することができ、特に従来の深絞り成形体に比して飛躍的に細長比が大きな成形体とすることができる。
特に無痛注射針において、生産性や品質も向上でき、コストダウンが大いに期待できる方法である。
技術概要
本発明の製造方法は、空隙17を有するダイ10と、パンチ20と、ダイ10の上方に設置されるブランクホルダー40とを具備する製造装置を用いて行うことができ、素板をダイとブランチホルダーとの間に配置し、上記パンチで深絞り加工をして凹状体を成形する工程A、凹状体内部で外部パンチを上方に持ち上げて、凹状体との間にギャップを形成する工程B、凹状体とダイとの間に内圧を負荷して上記ギャップを除去して凹状体の形状をパンチの形状に沿ったものとする工程C、パンチを下方に同時に降下させる工程Dを行い、さらに工程Bと工程Cとを所定回数繰り返すことにより実施することができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT