検出素子

開放特許情報番号
L2016002040
開放特許情報登録日
2016/12/28
最新更新日
2016/12/28

基本情報

出願番号 特願2012-508033
出願日 2010/12/9
出願人 国立研究開発法人科学技術振興機構
公開番号 WO2011/121859
公開日 2011/10/6
登録番号 特許第4981998号
特許権者 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 検出素子
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 振動子を用いた検出素子
目的 振動子の安定した振動を確保可能な検出素子を提供する。
効果 検出素子は、縁部が微小空間内に挿入された振動子を備える。その結果、第2のアンテナが第1のアンテナと協働して電磁場を振動子に印加すると、振動子は、自由に振動する。従って、振動子の安定な振動を確保できる。
技術概要
検査対象の液体が導入される検査空間と、前記検査空間に対して開口した微小空間とを内部に有するカバー部材と、 前記カバー部材に設けられ、前記液体を前記検査空間へ導入する導入経路と、 前記カバー部材に設けられ、前記液体を前記検査空間から排出する排出経路と、前記検査空間に配置されるとともに、前記検査空間のサイズよりも大きいサイズを有し、前記微小空間内に挿入された縁部を有する振動子と、接地電位に接続された第1のアンテナと、前記第1のアンテナと協働して電磁場を前記振動子に印加する第2のアンテナと、
前記振動子が振動したときの振動信号からなる受信信号を前記第1のアンテナと協働して前記振動子から受信する第3のアンテナとを備える検出素子。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

登録者名称 国立研究開発法人科学技術振興機構

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT