微小管重合阻害剤

開放特許情報番号
L2016002008
開放特許情報登録日
2016/12/23
最新更新日
2016/12/23

基本情報

出願番号 特願2014-267073
出願日 2014/12/29
出願人 国立大学法人 筑波大学
公開番号 特開2016-124829
公開日 2016/7/11
発明の名称 微小管重合阻害剤
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 微小管(チューブリン)重合阻害活性を有する新規な化合物及び当該化合物を含む医薬組成物
目的 微小管重合阻害活性を有し、抗癌剤として有望な新規化合物を提供すること。
効果 非常に高い微小管重合阻害活性を有していることから、有望な抗がん剤を提供することが可能である。
技術概要
より高い微小管重合阻害活性を有する化合物を探索したところ、glaziovianin AのA環のベンゼン環6位のメトキシ基に代えて、特定の環構造を有する基を導入することにより、非常に高い微小管重合阻害活性を有することを見出し、本発明を完成した。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT