メタン菌を用いた酸化鉄からのGreigite生産

開放特許情報番号
L2016001999
開放特許情報登録日
2016/12/23
最新更新日
2016/12/23

基本情報

出願番号 特願2014-082107
出願日 2014/4/11
出願人 国立大学法人 筑波大学
公開番号 特開2015-202063
公開日 2015/11/16
発明の名称 メタン菌を用いた酸化鉄からのGreigite生産
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 Greigiteを合成し、精製する方法
目的 安全に且つ大量にGreigiteを生産することができるGreigiteの製造方法を提供する。
効果 イオウ還元能を有するメタン菌を培養することで、Greigiteを生成することができる。
生成されたGreigiteはフェリ磁性を有することから、培養液より磁石を使用して精製することができる。また、培養液中の沈殿物を手回し遠心分離に供して遊離の元素状イオウを除き、例えば0.5 Nの塩酸で処理してアモルファス硫化鉄を除けば、得られた沈殿を乾燥させることで、乾燥品としてGreigiteを精製することができる。
技術概要
イオウ還元能を有するメタン菌を、元素状イオウと酸化鉄との存在下で培養する工程を含む、Greigiteの製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT