ポンプユニット及び固液分離装置

開放特許情報番号
L2016001966
開放特許情報登録日
2016/12/22
最新更新日
2016/12/22

基本情報

出願番号 特願2014-250230
出願日 2014/12/10
出願人 学校法人 中央大学
公開番号 特開2016-109107
公開日 2016/6/20
発明の名称 ポンプユニット及び固液分離装置
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 ポンプユニット、及び固液分離装置
目的 固液に含まれる固体の大きさに応じて分離対象を容易に変化させることが可能なポンプユニット等を提供する。
効果 内筒の内周面に、圧力供給室内の圧力に応じて内部の開口の大きさが変化するフィルタを備えたことから、分離対象となる固体の大きさに応じて圧力供給室内の圧力を変化させることにより、分離対象を容易に変化させることができる。また、当該ポンプユニットを搬送路の一部に含む固液分離装置としてもよい。
また、上記ポンプユニットを複数備え、複数のポンプユニットの圧力供給室内の圧力を互いに異ならせることにより、分離対象を搬送経路上の異なる位置で貯留,残置させることが可能となる。
技術概要
外筒と、外筒の内周側に設けられた内筒と、内筒と前記外筒との間に設けられた圧力供給室とを備え、圧力供給室内への加圧媒体の供給により径方向内側に膨張する内筒によって、当該内筒内の流体を搬送するポンプユニットであって、内筒は、当該内筒の軸方向に沿って延長し、膨張時における内筒の軸方向への伸長を規制する拘束体と、内筒の内周面に設けられ、圧力供給室内の圧力に応じて内部の開口の大きさが変化するフィルタとを備えた構成とした。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 中央大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT