遺伝子組換え動物血清アルブミン、ヘモグロビン−遺伝子組換え動物血清アルブミン複合体、人工血漿増量剤及び人工酸素運搬体

開放特許情報番号
L2016001963
開放特許情報登録日
2016/12/22
最新更新日
2016/12/22

基本情報

出願番号 特願2015-060030
出願日 2015/3/23
出願人 学校法人 中央大学
公開番号 特開2016-179951
公開日 2016/10/13
発明の名称 遺伝子組換え動物血清アルブミン、ヘモグロビン−遺伝子組換え動物血清アルブミン複合体、人工血漿増量剤及び人工酸素運搬体
技術分野 有機材料、食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 遺伝子組換え動物血清アルブミン、ヘモグロビン−遺伝子組換え動物血清アルブミン複合体、人工血漿増量剤及び人工酸素運搬体
目的 安全で大量生産可能であるとともに血液由来の動物血清アルブミンと代替可能な、遺伝子組換え動物血清アルブミンを提供する。また、本発明は、安全で大量生産可能な、ヘモグロビン−遺伝子組換え動物血清アルブミン複合体、人工血漿増量剤及び人工酸素運搬体を提供する。
効果 ヒトを除く動物の生体内に投与する場合も安全度の高い血液代替物として利用でき、移植臓器又は組織の保存液、再生組織の培養液、腫瘍の抗癌治療増感剤、術前血液希釈液、人工心肺などの体外循環回路の補填液、移植臓器の灌流液、虚血部位への酸素供給液(心筋梗塞、脳梗塞、呼吸不全、など)、慢性貧血治療剤、液体換気の灌流液としても利用できる。また、ガス吸着剤、酸化還元触媒、酸素酸化反応触媒、酸素添加反応触媒としても利用できる。
技術概要
本発明の遺伝子組換え動物血清アルブミンは、ヒトを除く哺乳類動物の血清アルブミンであり、ピキア属酵母由来の細胞を宿主細胞として、遺伝子組換えにより産生されることを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 中央大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT