立体画像撮影装置及びその方法

開放特許情報番号
L2016001939
開放特許情報登録日
2016/12/16
最新更新日
2016/12/16

基本情報

出願番号 特願2012-205728
出願日 2012/9/19
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2014-059509
公開日 2014/4/3
登録番号 特許第5978082号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 立体画像撮影装置及びその方法
技術分野 情報・通信、電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 立体画像撮影装置及びその方法
目的 構成が簡易で、高画質な立体画像を撮影できる立体画像撮影装置を提供する。
効果 遮蔽板を備えずとも、光学素子間で光の漏れ込みを発生させないため、構成が簡易で、高画質な立体画像を撮影することができる。対物光学系から被写体までの距離に応じて、対物光学系の有効口径を手動で調整することができる。対物光学系の焦点距離、及び、対物光学系から被写体までの距離に応じて、対物光学系の有効口径を自動的に制御することができる。
技術概要
インテグラルフォトグラフィ方式により、被写体の要素画像群を撮影する立体画像撮影装置であって、複数の光学素子が二次元状に配置された光学素子アレイと、被写体と光学素子アレイとの間に配置された対物光学系と、撮影手段と、を備え、対物光学系は、有効口径Ωが、要素画像の範囲wcと、予め設定された光学素子のピッチpcと、対物光学系から光学素子アレイまでの距離z2と、予め設定された光学素子アレイから撮影手段までの距離dcとが含まれる式(1)及び式(2)で表されることを特徴とする。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT