腹腔鏡及び腹腔鏡手術システム

開放特許情報番号
L2016001923
開放特許情報登録日
2016/12/15
最新更新日
2016/12/15

基本情報

出願番号 特願2015-009555
出願日 2015/1/21
出願人 国立大学法人 千葉大学
公開番号 特開2016-131787
公開日 2016/7/25
発明の名称 腹腔鏡及び腹腔鏡手術システム
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 腹腔鏡及び腹腔鏡手術システム
目的 両手を使って腹腔鏡を操作しなければならず、操作が複雑である。また、片手で使用することができないため使用できる体勢が限られてしまう。
効果 直感的な操作により操作者が意図したとおりに腹腔鏡の先端部に取り付けられたカメラの角度を上下左右方向に調節できる。また、片手でカメラの角度を上下左右方向に操作することができるため、手術の状況により無理なポジションで使用せざるを得ない場合でもカメラの角度を適切に操作することができる。
技術概要
腹腔鏡を、被写体の画像を取得するカメラ(1)と、カメラ(1)の角度を少なくとも4方向に変位させることが可能なカメラ可動部(2、3)と、カメラの角度の少なくとも4方向の変位指示を操作者が入力できる操作部(5)とを有し、操作者が前記操作部に入力した前記カメラの角度の変位指示に応じて前記カメラ可動部(2、3)が前記カメラの角度を変位させるものとした。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT